温かいお見送りを

葬儀

家族葬での注意点

柏原では、身内が亡くなったときに家族葬を行うケースが増えています。柏原のこれまでの葬儀は、親戚や仕事関係の人を呼んで盛大に見送ることが多かったのですが、少数の家族、親しかった友人、知人のみ参加する小さな葬儀が増えているのです。多くの人を集めれば、それだけ葬儀の費用もかかってしまいます。しかし、家族葬では葬儀内容が簡素化されていることから、費用を抑えることができて遺族の金銭的負担を減らせるメリットがあります。遺族の負担が少なく、落ち着いた雰囲気の中、故人を偲ぶことができます。ただ、家族葬を選ぶ場合、遺族の意思統一も大切です。たとえ故人や家族が希望していたとしても、親戚の中には簡単すぎることへの不満を持つ方もいるかもしれません。昔ながらの葬儀を大事に考える人は、家族葬を好まないこともあり得ます。このような場合は、しっかりと説明して、後からトラブルにならないように配慮することが大切になります。理由を明確にして丁寧に話せば、相手の理解も得られやすくなります。家族葬は、親しい方だけでの通夜・葬儀を行うことで、故人と最期の時間を心温まるものにすることができます。大規模な葬儀にはない、充実感も得られるでしょう。葬儀後に大切なのは、報告です。無事に終えたことを周囲にしっかりと報告するのが重要になります。故人の意志で家族葬を執り行ったことを伝え、失礼のないようにしましょう。柏原の葬儀会社は、周囲への対応もアドバイスをしてくれますので、細かなことでも相談できます。柏原では、随時斎場の無料見学も受け付けていますので、気になる方は見学させてもらうとよいでしょう。